2021年度再生可能エネルギー発電促進賦課金単価の変更について

2021年5月分から2022年4月分まで適用される再生可能エネルギー発電促進賦課金単価は、経済産業省により、

以下の通り決定しました。弊社需要家の皆様には、今月送付した請求書にてご案内しております。

 

ご使用電力量1kWh当たり 3.36円

 (2020年度(2020年5月分から2021年4月分まで) 2.98円 )

 

(ご参考)従量電灯のモデルケース(従量電灯B、30A、260kWh/月ご使用の場合)

2021年度5月より…月873円のご負担となります (2020年度は月774円)。

 

 

国の施策として、固定価格買取制度で買い取られる再生可能エネルギー(「太陽光」「風力」「水力」「地熱」「バイオマス」によって発電された電気)に要した費用は、電気の使用者から広く集められる再エネ賦課金によってまかなわれます。

再生可能エネルギーで発電された電気は、日々使う電気の一部として供給されているため、再エネ賦課金は、電気を使うすべての方に毎月の電気料金とあわせていただいております。

 

《 経済産業省ホームページより 》

 再生可能エネルギー発電促進賦課金とは

https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/surcharge.html

 FIT制度における2021年度の買取価格・賦課金単価等を決定しましたhttps://www.meti.go.jp/press/2020/03/20210324004/20210324004.html